• Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • 49403.png
  • Facebook - Black Circle

Copyright © Naoyuki Hayashi  All Rights Reserved.

このサイトに掲載されているイラストレーション・文章・画像などを無断で転載、使用、複製することを固く禁止します。

​お問い合わせメールはこちら:info@nh-illust.com

 

 

 

線画がキレイに描けると言われる「CLIP STUDIO PAINT」を初体験してみた

2015/10/03

 

こんにちは。デジタルイラストレーターのハヤシナオユキ(Twitter : @naoillust)です。

 

プロのイラストレーターや漫画家など多くのクリエイターに愛用者の多いペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT (クリップスタジオペイント)」を試験的に導入してみたので、使ってみた感想を簡単にまとめてみました。30日間の期間限定お試し版なので、スケッチやイラストラフなんかを10月はコレで制作してみようと思っています。

 

クリップスタジオの特徴として挙げられるのが「手ぶれ補正機能」と「ベクター形式での描画機能」。ほかにも色々とパース機能や3Dデッサン機能などの特徴はあるにはあるのですが、僕が特に試してみたかったのが前述の二つの機能です。

 

普段、僕が仕事でイラストを描くときには紙や鉛筆はいっさい使わずPhotoshopとIllustratorのデジタル環境のみでイラスト制作を完結しており、まずラフの制作をPhotoshopで作業しているのですが「手ぶれ補正機能」というものが付いていないので、線画の出来にやや不満は感じてはいました。(ただラフの段階なので、そんなに手ぶれにこだわる必要もないのですが。。)|(2017.10追記)2017年10月18日にアップデートされたPhotoshop CC2018でPhotoshopにもついに手ぶれ補正機能が追加されました。これにより線画が綺麗に引けるようになりました。

 

そこで、試しに「手ぶれ補正機能」搭載のクリップスタジオを導入して使ってみたところ、、割とストレスなくさらさらとイラストを描く事が出来ました。(ちなみに描画ツールはintuos4を使用しています。いわゆる板タブです。)

まだまだ使い始めて日が浅いので、画面のツールレイアウトや機能の使い方にちょっと戸惑う部分もありますが、そこはAdobeソフトで鍛えたスキルと応用力と直感でなんとかなっています。(分からない部分はネットで調べればなんとかなります。)

 

気になる「手ぶれ補正機能」は思ったよりも良い具合で、僕のペンタブから伝わる手ぶれを上手く補正してくれており、Photoshopに比べると実際に紙に描くのに近い感覚で描けているイメージです。‥‥といっても、あくまでもイメージですが。。。手ぶれ補正のレベルも5段階で調整が出来る様なので自分の好みに合わせて調整できるところも親切です。また、ブラシの「入り」や「抜き」「はらい」といったPhotoshopが苦手とする部分の微調整も出来るのも魅力だと感じました。ちなみに参考になるかは微妙ですが、上のラフスケッチも一応クリップスタジオペイントを使用して描いています。

 

そして、もうひとつの「ベクター形式での描画機能」もちょっと触った感じでは、Illustrator同様に線幅や曲線の調整が後から出来るので上手く活用すれば割と重宝しそうな感じです。ただIllustratorのベジェで構成される「ベクター(ベクトル)データ」とは違い、あくまでもPhotoshopなどと同じくラスタデータ(ビットマップで構成される写真画像のようなデータ)なので解像度の影響をまともに受けてしまいます。(拡大するとビットマップのジャギが出てしまう。)

なので解像度の影響を受けないベクターデータにするには結局、Illustratorでライブトレースかセルフトレースをし直すしかないのが注意点です。

 

ともあれ僕の場合、ひとまずのラフ制作やスケッチなどには十分代用できそうな感じですし、何よりブラシツールも水彩・油絵・筆・ペン・チョークなど一通り揃っているのでいろんなタッチを試せるのも楽しいです。価格設定も「CLIP STUDIO PAINT PRO」のダウンロード版はWin/Macともに5,000円、バリュー版にいたっては毎月500円と導入しやすいのも魅力なので、本格的なペイントソフトPainterは高額で手が出しにくいという方にもオススメではないでしょうか。

 

‥‥というわけで、デジタルイラスト入門者には特にオススメできるこの「CLIP STUDIO PAINT PRO」をしばらく触ってみようと思います。

 

 

Please reload

​Twitter

最近の投稿
Please reload

カテゴリー
Please reload

タグ